Home > バザール小町とは

バザール小町とは

バザール小町は、黒部ダム、黒部・立山アルペンルートの長野県側の玄関口、「大町温泉郷」の中にあります。
地元作家の手作り品を中心に一風変わったお店です。
「あ!ここが噂のバザール小町」を目印にのぞいてみてください。

手作り雑貨と
手作りアートいっぱいの
バザール小町へ
見て
来て
寄って
いらっしゃい。

2001年7月17日、長野県大町市の温泉郷にバザール小町はオープンしました。安曇野や自然にこだわった品物・作品が並んだ、にぎわいの場所、ひとりひとりの小さなエネルギーが集まった場所、出品する人も、訪れる人も元気になれる場所、大町全体を元気づけるような面白い場所、そんなお店をめざしています!

大町温泉郷の空き店鋪になっているドライブインを改装してお店をつくろう!「観光地の顔にあたるここがしまっていちゃいけないよ、ここがにぎわうことで、大町が元気になるといいな」そんな思いの人や、自分の得意なものを表現し楽しんでみたい人が集まりました。

ひとり一人の小さなエネルギーを寄せ集めて、手づくりのお店がオープンしました。いろいろな人を巻き込み、ここに係わった人たちのエネルギーで周囲も元気にしていけたら、嬉しいです。

・・・ 作家のゾーン 家具、陶器、絵、彫刻、木工、鉄、ガラス
食べ物のゾーン パン、おやき、お菓子、牛乳、アイスクリーム
香りのコーナー アロマローソク、エッセンスオイル、ハーブ
市場のゾーン 野菜、山菜、漬け物、みやげ物
趣味のゾーン アクセサリー、草木染め、雑貨
市民参加のゾーン 手芸品
地域文化のゾーン 骨董、生活民具
山野草のゾーン
紅茶のゾーン 紅茶各種、紅茶ポット、カップ
レンタサイクル

いろいろやってます
バザール小町に遊びに来て下さい。

Home > バザール小町とは

Return to page top